ロサンゼルスでベランダ菜園

「育てる楽しみ」と「食べる楽しみ」をダブルでエンジョイできる家庭菜園。
ベランダ栽培の果物や、野菜とハーブなどを紹介します。

友達リスト

June 9th, 2017

* セサミンの抗酸化力で老化抑制

産経新聞 2016.6.24 09:53

セサミンの抗酸化力で老化抑制



40歳を過ぎると「急に疲れやすくなった…」などと
老化による衰えを自覚する人も少なくないだろう。

毎日元気で若々しく過ごすにはどうすればいいのか。
老化とは、体に取り込まれた酸素の一部が活性酸素に変化し、
鉄の酸化のように体の細胞をさびつかせることで進行する。

老化防止には活性酸素の増加を抑える作用「抗酸化」が不可欠だ。

サントリー健康科学研究所(京都府精華町)の
竹本大輔・食品機能研究グループ研究主任は、
「若い時は体内の抗酸化酵素が活性酸素を取り除いてくれるが、
抗酸化酵素は加齢とともに減り、体内が酸化しやすくなる。

ビタミンやミネラル、ポリフェノールといった
抗酸化力を高める成分を含んだ食品の摂取により、
加齢で弱った抗酸化力を向上させ、
老化を抑制する可能性がある」と話す。

抗酸化成分が豊富な食品は
ビタミンCが多く含まれるレモンやピーマン、
ビタミンEの多いアーモンドやアボカド、
亜鉛が豊富なカキなどもあるが、
同研究所ではゴマに含まれるポリフェノールの一種
「セサミン」に注目した。

体内で活性酸素を増やす原因には、
たばこやストレスなどのほか、過度の運動も該当する。

そこで2つのグループに分けた比較試験を実施。
運動する前に一方はセサミン入りのカプセルを、も
う一方には食用油だけのカプセルを飲んでもらい、
運動を一定時間(5分、10分、20分)した後に

血液中の過酸化脂質濃度を測定すると、
セサミンを飲んだグループは過酸化脂質の濃度が低く、
体内の酸化を抑えていることが分かった。

竹本主任によると「セサミンは小さなゴマ1粒に
わずか1%未満しか含まれない希少な成分。
1日にセサミン10ミリグラムの摂取で抗酸化力が高まるが、
これは、およそ大さじ1杯分のゴマに相当する」。

毎日ゴマを大量に食べるのは大変だが
「サプリメントなら手軽に摂取できる」という。

セサミンは、肝機能改善、炎症抑制、血圧低下、
中性脂肪や悪玉コレステロールの低減などの作用も確認され、
竹本主任は「当研究所は『老化を科学する』がテーマ。

今後は肝臓内などでどういうメカニズムで
こうしたことが起きるのかを解明したい」と話している。

Category:医食同源 | BlogTownTheme:美容・健康

Posted by good 4 you at 08:33 公開:すべてに | Comment(0)

COMMENT

※ブログの管理者が公開を承認するまでコメントは反映されません。

下の画像に表示されている番号をご入力下さい。
 

Page Top ▲