ロサンゼルスでベランダ菜園

「育てる楽しみ」と「食べる楽しみ」をダブルでエンジョイできる家庭菜園。
ベランダ栽培の果物や、野菜とハーブなどを紹介します。

友達リスト

January 31st, 2016

* 糖鎖栄養療法

栄養療法に興味を持っており、糖鎖栄養療法のサイトを見た時、探し求めていたものを見つけたと感激しました。

再生医療の次世代は、糖鎖医療になると期待しています。

この最先端の研究に、日本政府が力を入れ、糖鎖の研究者の60%は日本人とのこと。アメリカ政府も大型予算を組んでおり、世界中が最先端の科学にしのぎを削っています。

2002年にノーベル化学賞を受賞した田中耕一さんが、血1滴で病気の診断が出来る機械を作りたい、というコメントを見た時、そんなこと、出来るはずがない、と思いましたが、もう出来ているのです。

彼は、「2つ目のノーベル賞を狙っているといわれるのは、嫌だ」とコメント。その可能性あり、と感じています。東大特任教授として、血1滴で診断が出来るように、糖鎖の構造の解析をしているようです。病気によって、糖鎖の立体構造が違うので、データベースを作っているようです。

一般の人が読める「糖鎖」に関する日本語の本、3冊読みました。

まず、細胞の若返りがあるか、試すつもりで糖鎖のサプリメントをオーダーしました。

そして、3ヶ月後、サウナで私の顔を見た途端、「ファイスリフトしたといわれるでしょう。違いが分かる」と彼女。彼女に、新しいサプリメントをオーダーすることを話していました。

そして、1年後、動脈硬化や骨粗しょう症のスクリーニングをしました。何と、骨密度が良くなり、ほぼ正常の数値。ビックリしました。本に、このサプリの効果に骨粗しょう症の改善が書いてありましたが、信用していなかったのです。

なぜなら、骨粗しょう症の薬を飲んでいる80才の日本人女性から、10年薬を服用しても数値は良くならず、現状維持(これも薬の効果の可能性あり)なので、副作用で骨がもろくなるので、薬を中止して注射にするといわれた、など体験を話してくれました。

このサプリメント会社のトップや重役は、医者です。食品から作ったサプリメントですが、薬と同じ検査をしたデータで、アメリカで3つの特許を取得し、現在53カ国から特許を得たとのこと。100カ国に特許を申請しているようなので、いずれ、100以上の国際特許をもつ会社になります。

さらにサプリメントが進化しているようです。糖鎖栄養療法の蘭を設け、新しい情報をこのブログでも読めるようにしました。会員になると、研究論文などが読めますので、その情報を得ることができます。

骨密度の数値がこのサプリで良くなったのか、確認するためサプリを中止していました。でも再び、2ヶ月前から、このサプリメントを毎日摂り始めました。細胞の若返りを実感。何で、去年より若く見えるの、と言われます。


予防医療と糖鎖に関するホームページ

Dr美加健康塾:中高年の健康と栄養

www.tosa-study.net

Category:糖鎖栄養療法 | BlogTownTheme:美容・健康

Posted by good 4 you at 07:15 公開:すべてに | Comment(0)

COMMENT

※ブログの管理者が公開を承認するまでコメントは反映されません。

下の画像に表示されている番号をご入力下さい。
 

Page Top ▲