ロサンゼルスでベランダ菜園

「育てる楽しみ」と「食べる楽しみ」をダブルでエンジョイできる家庭菜園。
ベランダ栽培の果物や、野菜とハーブなどを紹介します。

友達リスト

Category : 医食同源

April 7th, 2017 | 07:33

* 大根とナスタチウムの花をトッピング

大根、バジル、ローズマリーとナスタチウムの花を
トッピングした大盛りのサラダを朝食に。

次々と咲く野菜の花を食べる毎日です。
サラダ菜とモロヘイヤのサラダに花を添え
ブルーチーズをかけで、ブルーチーズのドレッシング。

ガン予防に、ブルーチーズが効果ありと知り
ブルーチーズを食べるようになりました。



Category:医食同源 | BlogTownTheme:美容・健康

Posted by good 4 you 公開:すべてに | Comment(0)

Page Top ▲

April 7th, 2017 | 07:30

* 納豆菌は最古のプロバイオティクス

産経新聞 2016.9.16

納豆菌は最古のプロバイオティクス


納豆は大豆に納豆菌を付けて発酵させた食品です。
スーパーなどでは樹脂製パック詰めが主流ですが、
昔は「藁苞(わらづと)」と呼ばれる稲わらでくるんだ商品が
豆腐店で売られていました。

納豆はどのように作られてきたのでしょうか。
納豆菌は、空気中や土壌など自然界に広く分布する枯草菌
(こそうきん)(バチルス・サブティリス)の変種です。
枯れた草に多いことから、そう呼ばれます。

枯草菌の仲間は、増殖に適さない環境になった際に
「芽胞(がほう)」と呼ばれる熱や乾燥に強い殻を作るのが特徴で、
天日干しや沸騰した湯の中でも生き続けられます。

一方、芽胞を持たない細菌は乾燥や熱で死んでしまいます。
つまり、稲わらを蒸すと他の細菌やカビが死滅し納豆菌だけが残ります。
この性質を利用したのが納豆作りです。
蒸した稲わらに、ゆでた大豆を入れて発酵させます。

話はそれますが、納豆菌は生き延びやすいため、
他の発酵食品の工場では天敵扱い。
例えば、清酒の材料となるコメに納豆菌が混じると、
清酒が造れなくなります。仕込みの前には、
納豆を食べないという職人もいるそうです。

納豆が気軽に食卓に上るようになったのは、
微生物の研究が進んで生産技術が向上し、
衛生的に製造できるようになってから。

明治期以前は、稲わらの中に納豆菌以外の枯草菌が残り、
腐敗してしまったことも多いようです。

昭和40年代ごろからは、1年を通じて安定的に供給するために
樹脂製パック詰めの納豆が普及しました。

純粋培養で増やした納豆菌を、蒸した大豆に混ぜ、
パック内で発酵させて作られています。
納豆のパックに細かい穴が開いているのは、
発酵の際に納豆菌を呼吸させるためです。

国産の納豆のほとんどは、国内三大納豆菌種とも呼ばれている
「宮城野菌」「成瀬菌」「高橋菌」の3種類が使われています。

明治38年に納豆から納豆菌のみを分離することに成功。
3つの菌は、その納豆菌株から派生したものです。
においの少ない納豆などを製造しているメーカーでは、
独自の菌株が使われることもあります。

納豆菌は人体に良い影響を与える善玉菌(プロバイオティクス)で、
納豆を食べることで腸内環境を改善する働きがあります。

その意味で、納豆は日本最古のプロバイオティクス食品と呼んでいいでしょう。

ヨーグルトなど他のプロバイオティクス食品と同様に、
1度食べただけで腸内環境が改善されるわけではありません。
適量(1日1~2パック)を、食べ続けることで効果を発揮しやすくなります。

また、納豆菌は乳酸菌との相性がとても良く、
納豆菌は乳酸菌を増殖させる効果があるので、
合わせて食べるといいでしょう。

(エフシージー総合研究所 環境科学研究室)

Category:医食同源 | BlogTownTheme:美容・健康

Posted by good 4 you 公開:すべてに | Comment(0)

Page Top ▲

April 6th, 2017 | 13:33

* 栄養療法:「ビタミン」と「酵素」の違い

栄養療法:「ビタミン」と「酵素」の違い


酵素とビタミンの大きな違いは、
酵素が肝臓の働きによって体内でつくられるが、
ビタミンは体内でつくられないこと。

酵素とは、食べ物の消化も含めて、
体のなかの物質が化学的に分解したり合成したりするのを助け、
スピードを速める物質です。

酵素とビタミンとの大きな違いは、
酵素がその重要な部分が肝臓でつくられるのに、
ビタミンは体内ではつくられないことです。

といっても酵素も、
体の中で細かい部品まで作られるわけではありません。
まず遺伝子が下す命令にしたがって、
肝臓で酵素の前段階のアポ酵素がつくられます。

次に摂取されたビタミンが体内で加工され、
酵素の部品として働く補酵素となり、
その補酵素がアポ酵素と結合して、
正常な働きをもったホロ酵素が出来上がります。

アポ酵素には酵素としての働きはないので、
その分だけ酵素が足りないのと同じです。

ビタミンが欠乏すると、部品不足のため
アポ酵素はできてもホロ酵素は作られなくなります。
そのために生理機能に狂いが生じ、
ビタミン欠乏症になったり、
さまざまな病気になったりします。

肝臓が正常に働いていても、
もしビタミンが不足するとアポ酵素の割合が増え、
体の中はホロ酵素は足りないのに、
アポ酵素はたっぷりある状態が起こります。

すると肝臓は、「もうアポ酵素はつくらなくてもいいんだ」
とさぼりだし、今度はアポ酵素の量も減ってしまいます。

そうなるとビタミン剤をのんでも速やかに酵素が作られず、
欠乏症の回復が遅れるので、要注意です。
(「あなたに必要なビタミンを教えます」より)


安田和人・帝京大学医学部教授は、
ビタミン剤投与の臨床効果に関する研究をしている内科医で、
日本臨床生理学会、日本ビタミン学会、
日本臨床栄養学会に所属し、政府の委員会などでも活躍。

「栄養療法」に興味のある方は、
安田教授の著書を読まれることをお薦めします。


あなたに必要なビタミンを教えます  安田和人 かんき出版

Category:医食同源 | BlogTownTheme:美容・健康

Posted by good 4 you 公開:すべてに | Comment(0)

Page Top ▲

March 10th, 2017 | 16:17

* ミニ大根のキムチ

1束50セントのミニ大根でキムチを作りました。

ミニ大根を植えて、若葉を味噌汁や漬物に
重宝しています。成長が早く、花が次々咲き
サラダのトッピングにも利用してます。

大根の根よりも葉の栄養価が高いので
初めて、キムチを作ってみました。




Category:医食同源 | BlogTownTheme:美容・健康

Posted by good 4 you 公開:すべてに | Comment(0)

Page Top ▲

March 6th, 2017 | 22:33

* ブロッコリー新芽で肥満抑制 脂肪細胞褐色化→エネルギー消費増大

産経新聞 2017.3.7
【STOP!メタボリックシンドローム】
ブロッコリー新芽で肥満抑制 脂肪細胞褐色化→エネルギー消費増大


ブロッコリーの新芽(ブロッコリースプラウト)に含まれる成分・
スルフォラファンに、肥満を抑制する効果があることを
金沢大の研究グループが明らかにした。

脂肪細胞の褐色化を促進してエネルギー消費を増大させ、
高脂肪食による“肥満型”腸内細菌叢(そう)を改善することから、
メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)に起因する
生活習慣病の予防効果も期待されている。(宮田奈津子)

体重増加15%抑制

研究を行ったのは金沢大脳・肝インターフェースメディシン研究
センターの太田嗣人准教授と長田直人助教、カゴメの共同グループ。
成果は今年2月、米国糖尿病学会の学会誌
「Diabetes(ダイアベティス)」オンライン版に掲載された。

スルフォラファンはブロッコリースプラウトに多く含まれる。
細胞内の酸化・還元バランスを調節する分子・Nrf2を
活性化して解毒作用や抗酸化力を高め、
がんの予防につながることが先行研究で知られていた。

一方、過食や肥満が酸化・還元バランスの崩れに
関与していることも分かってきたことから、
太田准教授はスルフォラファンの肥満に対する効果に着目した。

実験では、マウスにスルフォラファンを混ぜた高脂肪食を14週間与えた。
スルフォラファンを混ぜていない高脂肪食を食べたマウスと比較すると、
体重増加率が15%抑制され、内臓脂肪量が20%減少。
さらに、脂肪肝と血糖値の上昇も抑えられていた。

また、Nrf2が欠けたマウスにスルフォラファン入り
高脂肪食を与えたところ、体重増加の抑制効果が認められなかった。

太田准教授は「がん予防と同様、肥満抑制の標的分子として
Nrf2が重要な働きを担っている」と分析する。

腸内細菌叢の改善も

なぜ、体重増加の抑制が起こるのか。
太田准教授は、一歩進んだメカニズム解明に取り組んだ。
その結果、新たな2つの作用が判明した。

スルフォラファンは、脂肪細胞に存在するエネルギーを
熱に変える分子を増加させ、
「白色脂肪細胞の褐色化」という現象を促進。
そのため、エネルギー消費が増え、
高脂肪食を食べても肥満が抑えられていた。

さらに、高脂肪食によって悪玉菌が増殖した
肥満型腸内細菌叢を改善していることが分かった。

悪玉菌は肝臓などの炎症の原因。
炎症はインスリンの働きを低下させる「インスリン抵抗性」を出現させ、
糖尿病の原因となるだけに、重要な発見といえるだろう。

今後は人での臨床試験で効果を実証していく。
摂取量は1回50~100グラム(市販の1~2パック程度)を想定。
3日に1回ほど、よく咀嚼(そしゃく)して食べることで
効果が得られるのではないかと推測している。

太田准教授は「脂肪の褐色化と腸内細菌叢の改善は、
肥満やメタボ研究で注目されているポイント。
生活習慣病の予防効果が期待できる」と話している。

 ■スムージーや薬味代わりに

芽物野菜などを手掛ける「村上農園」(広島市)では、
平成11年からブロッコリースプラウトの生産を開始。
発芽3日で収穫し、高濃度のスルフォラファンが含まれる
ブロッコリースーパースプラウトの出荷量は26年以降急増している。

お勧めの食べ方は、果物とミキサーにかけたスムージー。
薬味代わりに納豆に混ぜてもいい。

同社では「健康への効果が明らかになってきている。
気軽に食事に取り入れてほしい」と話している。

同社ホームページ
(http://www.murakamifarm.com/)
にレシピが紹介されている。

Category:医食同源 | BlogTownTheme:美容・健康

Posted by good 4 you 公開:すべてに | Comment(0)

Page Top ▲