ロサンゼルスでベランダ菜園

「育てる楽しみ」と「食べる楽しみ」をダブルでエンジョイできる家庭菜園。
ベランダ栽培の果物や、野菜とハーブなどを紹介します。

友達リスト

Category : ベランダで栽培

June 11th, 2017 | 12:26

* 生ゴミの堆肥作り

ベランダ菜園なので、培養土を買う必要があります。

生ゴミの堆肥作りに、再生用の土を入れていましたが
堆肥に入れる土がなくなり、作った堆肥を混ぜたりして
リサイクルをしていましたが、培養土を買うことに。

家庭菜園をする場合、オーガニック栽培をしたいので
オーガニックの培養土と肥料を買っています。


園芸講習会で紹介される色々な培養土があります。
緑色の袋の培養土は、裏庭で家庭菜園をするときに使います。
土とこの培養土を半分づつ半分づつにして、混ぜ合わせると
オーガニックの畑を作ることができます。

ベランダ菜園では、鉢専用の培養土を買います。
この培養土は、鉢で栽培するときに必要なものが全部入っています。

堆肥に入れる土がないので、緑色の袋の培養土を買いました。
鉢専用の培養土より、$2安いです。





虫が入らないように、堆肥作りの鉢に、
洗濯用のネットを被せて見ました。

Category:ベランダで栽培 | BlogTownTheme:趣味

Posted by good 4 you 公開:すべてに | Comment(0)

Page Top ▲

June 8th, 2017 | 03:58

* 生ゴミが消えました

鉢に土と生ゴミを入れて、堆肥作り。

生ゴミを入れた時に、鉢の中をかき回して
土と混ぜながら、空気も入れます。





土を健康にする用土を入れると虫が湧かず、
防虫対策にもなります。
これもオーガニックの用土です。

この用土を入れると、良い堆肥ができ
作物も健康で良いものができると
堆肥作りのセミナーで習いましたので
蓋がわりに、堆肥の上に覆いました。





時々、米ぬかも堆肥の上にカバーしています。
栄養のある堆肥を期待してです。





そして、果物の鉢を蓋がわりにしています。
果物の木が枯れ、鉢の中の土をリサイクルして
堆肥の上をカバーしています。
臭わず、虫が湧くこともありませんので。

そして、この鉢を蓋がわりに置いています。
重石代わりです。




新聞紙を入れると、良い堆肥ができると聞き
細かく切った白黒の新聞紙も入れるようになりました。





バナナの皮を入れると良い、と聞き
バナナの皮も入れましたよ。

生ゴミを入れて、鉢の中をかき回すので
堆肥の状態が分かります。

バナナの皮とスイカの皮を入れて、かき回し
上記の写真を撮った、2日後、
何と、生ゴミが消えていました。

ダイソーで買った12号の鉢は
堆肥をかき回すのに、使いやすいです。
昨日、2個目の鉢で堆肥作りを始めました。

我が家の場合、この2個の鉢での堆肥で十分です。

堆肥作りの容器を、ロサンゼルス郡のセミナーで
$100を、$40で売っていますが
私の場合、1個、5ドル50セントです。
私は得した気分を味わっています。

Category:ベランダで栽培 | BlogTownTheme:趣味

Posted by good 4 you 公開:すべてに | Comment(0)

Page Top ▲

June 6th, 2017 | 13:49

* 梨に苗が発芽

食べた梨の種を蒔き、発芽しました。

果物の木の成長は時間がかかりますが
種からの再生栽培を楽しんでいます。

ゆず、レモン、金柑、びわの苗が育っていますが
梨も発芽し、果物の苗の仲間入りしました。

食べた種から育つフジリンゴの木もありますが
ベランダ栽培で、しかも、山の上なので
育つ環境が相応しくないので、葉の成長だけです。

フジリンゴとぶどうの種は発芽しやすいですよ。
ただし、リンゴは、45°F以下の気候が続くことが
果実の育つ条件ですので、私のベランダでは無理です。


Category:ベランダで栽培 | BlogTownTheme:趣味

Posted by good 4 you 公開:すべてに | Comment(0)

Page Top ▲

June 1st, 2017 | 23:33

* 青虫退治

ジャガ芋の葉に穴が開いたり、
葉の芯だけになったり、
何と、大きな青虫を見つけました。

人以外は、有毒物質を含む、アボガドの葉を
細かく切って、細かく切った新聞紙に混ぜて、
害虫対策をしました。

穴が空いた葉や芯を切り取り、
根元に、アボガドの葉入り新聞紙を撒きました。












害虫対策に、銅を含む散布剤を
ジャガ芋の葉と枝、新聞紙に散布しました。

銅に触れると害虫たちは、電気ショックを受けるとか。

害虫対策の効果を、確かめたいです。



Category:ベランダで栽培 | BlogTownTheme:趣味

Posted by good 4 you 公開:すべてに | Comment(0)

Page Top ▲

May 27th, 2017 | 20:24

* 新聞紙とアボガドの葉をマルチに




新聞紙をマルチにするためカットしていた時
園芸講師が、アボガドの葉は捨てないで
根元に置くと言ったことを思い出しました。

そこで、アボガドの葉も細かくカットして
新聞紙に混ぜて、害虫防止のマルチにしました。






枯葉を混ぜると、良い堆肥ができると講習会で習ったので
乾燥した野菜の葉を、堆肥を作るときに混ぜる土の鉢に
入れています。






サラダ菜の鉢に、新聞紙とアボガドの葉のマルチを入れて
飛ばないように、水撒きをして、様子を見ます。

午後1時頃に、野菜の鉢のコーナの写真を撮りましたが
マルチをしたサラダ菜のコンテナーの真ん中から建物側は
建物の日陰になっていました。

そこで、西側のベランダを見に行くと、
コーナーに置いたフジリンゴの鉢だけ、陽が当たっていました。

季節によって、陽当たりが違うことを、確認しました。

南側のベランダの野菜コーナーの風景です。






因みに、ウイキペディアで、アボガドの葉を確認しました。

果実、種、葉にペルシンという毒性を含み
ヒト以外には、中毒反応を起こすとのこと。

ペルシン (persin) は、アボカドに含まれている殺菌作用のある毒素で、
ごく最近になって分離された。

通常ヒトに対しては無害だが、家畜が大量に摂取すると危険である。       
乳癌の治療薬としての利用が提案されている[1]。

ペルシンの化学作用はまだ解明されていない。

物理化学的な性質は脂肪酸に似ており、脂肪によって運ばれ、          
果実の種子の核から果肉へ達する。

ヒトに対しては、アレルギー性があることが指摘されている。

Category:ベランダで栽培 | BlogTownTheme:趣味

Posted by good 4 you 公開:すべてに | Comment(0)

Page Top ▲